SEOの必要性

 SEOとは「サーチエンジン最適化(Search Engine Optimization)」の略で、「検索エンジン検索結果で上位に掲載されるようにサイト・ホームページを整えること 」です。
検索エンジンの検索結果ページで広告(オーバーチュア、アドワーズなど)ではない部分に自社サイトを上位表示させ、目的を持って特定の情報を探している ターゲットユーザーをウェブサイトに誘導、アクションを誘うSEM手法です。最近注目されているこの SEOですが、どうしてそのような事が必要なんでしょうか。
全てのEコマースは検索から始まる 最近の調査では「ネットでの商品・サービス購買時の検索(サイト)利用率」、つまりネットで商品やサービスの情報探してから購入・申し込みをするネットユーザー の比率は約半数以上、という結果*1が出ています。電子機器・家電では74%、旅行に至っては86%という高い割合の人たちが検索エンジンで商品を検索し、その検 索結果ページからそれぞれのサイトに訪問する、という事になります。
リスティング広告と自然検索 Yahoo!JAPANやGoogleの検索結果画面(SERPs)は、入力した検索キーワードに該当したページの一覧が表示されている「検索結果」部分(自然検索)と、「スポンサ ー」といった注釈の入った「リスティング広告」部分に分類できます。
一部の調査ではこの自然検索部分全体のクリック率は70%を超える、というデータもあり、自然 検索はオーガニック検索とも呼ばれ注目を浴びています。
SEO(サーチエンジン最適化)はこの自然検索結果での掲載順位を向上させる手法です。 検索エンジンの種類とシェアの割合 検索エンジンにはいろいろありますが、日本で代表的なものといえばYahoo・Google・SNSaerchこの3つの検索エンジンがあげらます。
その中でも日本で約86.3 %以上のシェアを誇るYahoo、年々シェアを伸ばしているgoogleが70%となっています。またgoogleの検索エンジンはgooやinfoseek、 BIGLOBEなどにも採用さ れています。それを合わせると、Yahooとほぼ同じくらいのシェアがあります。 SEOで最適化する場合主にこの2つの検索エンジンに対して有効なSEO対策を施す 必要があります。

集患、増患、地域活動の重要性 更新情報

Loading...

視力矯正出張マッサージレーザー脱毛 大阪キタ 高収入 バイト